ヘッダー画像

ミスマッチも当たり前の日常茶飯事

慣れることが重要です
こういったチャンスとなる場所というものは現代であっても配偶者をミスマッチを避けて見つけるための一つの手段として広く行われています。
ですがこうした好条件のの話が持ち上がった際、その話を断るという場合には正しい断り方を知っている必要があります。
正しい断り方をしらないままに不用意に断りの意思を伝えるということはどうなのでしょうか。 これは時には相手に対して失礼な評判に当たることがあるのですから、ここではまず第一に注意するべき点とされているのが「仲介人を通して断る」ということです。 お見合いパーティーの際にこういった役職が存在している状況では、ここで必ず仲介人を通して断らなくてはなりません。 この場合には基本的には行った本人かその親が、結局は直接はかなり面倒だったとしてもです。 ここで家に出向いて意思を伝えるということになります。 直接、ここで丁寧に断りの意思を伝えるということは失礼に当たる行為となりますので、ここではできる限り控えなくてはなりません。 逆に言えばそれはまた、こういった内容をできる限り意思を伝える際は必ず曖昧な言葉を使わずにしてです。 これが誤解を受けることの無いような言葉で意思を伝える必要がミスマッチを失くすためにはあります。

親しくなるまでミスマッチかはわかりません

ジャッジのポイントを設けておく
第二に注意するべき点とされているのが「結論を先延ばしにしない」ということです。
自身がミスマッチと決断を下すという際には、なるべく早期に結論を丁寧に伝えることが求められることとなります。
よって連絡先交換を行った後に数日間考えても付き合う気になれないというような場合であれば、その旨を早めに判断をして申し出なくてはなりません。 ここでは、また決断を下せず、また顔を合わせてから評判から考えたいというような場合であってもです。 その旨は、ここでは早めに仲介人に伝えなくてはなりません。 これが第三に注意するべき点とされるのが「マイナスの部分の欠点を理由にしない」ということがマナーです。 最初のきっかけで持ち上がった話を断るということはほとんどのケースです。 何かしらの理由があってのこととなります。 これは相手の欠点や短所を羅列するような行為はパーティーでなくてもマナーとしては不適当のものとして扱われます。 仲介者に対して断りの意思を伝えるという際であっても仕方のない部分や欠点や短所や何度も繰り返しいうのではないのです。 自身の「付き合う考えには至らなかった」というミスマッチなことを伝えなくてはなりません。 どうしても何らかの理由からお見合いを断る際には、これら三つの点を注意すれば上手く断ることが出来ると本当に口コミでも評判です。

最初はミスマッチで苦手意識が合っても

マイナスポイントだけではいけない
総括すると「断る際にはなるべく早期に、仲介人を通して、自分の意思を臆さずに伝える」ということになります。 ミスマッチを伝える際に適した言葉というものがいくつか存在しています。 実際にイベントで会う前、例えば縁談が来た時点や着飾った写真、経歴を見た段階で断りたいというときには「自身にとって結婚はまだ早すぎる」といったようなことや「仕事に専念したい」ということを伝えることがよいとされています。
これらの言葉は個人の意思を表現しているのに加え、なぜ断るのかという理由も明示されているからです。
また自然と顔合わせをした後であれば「評判の話が合わなかった」、「感性が異なっていた」といったようなことを前提とし、はっきりと断るのがよいとされています。 対して避けなくてはならないのが、自分は付き合いたいと思っているが向こう側はそう思っていないだろう、といったような意思にとられかねない表現となります。 このような表現で断りを入れた場合、相手方が自身と付き合いたいと考えていた際に何でなのかと食い下がることがありえるからです。 もし自身に既に意思が無いにもかかわらず結果的にそのように動いてしまうとどうでしょうか。 向こう側をさらに傷つける結果に繋がりかねません。 このため仲の知り合いがいる場合は丁寧かつ率直な言葉で伝え、間に入る人がいない場合であれば本人に対して同様の言葉で伝えることが必要とされるのです。 お見合いという行為は現代において、かつてほど一般的ではなくなったとはいえ良縁を見つけるひとつの手段として考えられています。 ですが実際にミスマッチだからといってこれを行う際には様々な大型パーティーのマナーを心得ていなくてはなりませんので、注意が必要といえるでしょう。