ヘッダー画像

行ける時にお見合いパーティーに参加

今しかできない事かもしれない
現代は非常に結婚が難しい時代になっているのです。 お見合いパーティーが盛んになっている理由の一つにそれもあるかもしれません。 その一つの要因としてキャリアがある女性の目覚ましい社会進出をあげることができるのです。
多くのケースが学校を卒業した後家事手伝いではなく、就職するようになりました。
そのまま何十年と社会で働き、男性となんらかわりない収入を得るようになります。 結婚しなくてもシングルでも一人で充分生きていけるようになったのです。 そのため、無理をしてまで子供がどうしても欲しいと思わない限りますので、それに対してこういったパターンにとって結婚の必要性がなくなってしまったのです。 またこういったタイプが結婚しないで生涯独身でいることに対して、今では世間も偏見を持たなくなりました。 それは生涯で独身を貫くのも一つの価値観として容認されるようになったのです。 そのためいつか結婚したいと思うものの、このようにどこか結婚に対して焦りをあまり、これを深くは感じないタイプがこれからも増えているのも事実なのです。 女性の結婚がお見合いパーティーでも難しくなっている原因の最大の理由はほかにもあります。 それはデフレ経済が続き、同世代の会社員の年収が非常に低くなっているのです。 これは30代後半サラリーマンで年収300万円と言う人も少なくありません。
埋没毛の肌トラブル

初心者でもお見合いパーティーは楽しめる

経験しておいても損はない
これではいくら流れで結婚しても子供を望むことはできず、生活するためにずっと安定のため働き続けなければいけないのです。
そのためにこういった状況の中には結婚するにしても、自分よりも年齢や年収共に高い人と結婚したいと強く願う人が増えつつあるのです。
しかし会社と自宅を往復しているケースでは、自分より年齢や年収ともに高い男性と出会うきっかけはなかなかありません。 こうした場合、お見合いパーティーなどを利用して婚活すると良いと言えるのです。 世間的にもこういった場所なら高収入、年齢限定、職業限定で条件を絞ることができます。 ここで効率よく要領よく希望する異性と知り合うことができるのです。 30代独身で社会人としてのキャリアが10年以上もあると、これなら女性でも年収400万500万円を稼ぐ人もかなりいます。 この年収を上回る男性となると、サラリーマンでは中間管理職以上、もしくは医師や弁護士、会計士といった特殊な年収の高い職業の人に限定されていきます。 しかしお見合いパーティーはこうした高収入、高学歴、名誉職に特化した人を要領よく集め、こういった様々な規模の物を開催してくれるのです。 これから参加するのは非常に簡単です。

気軽に参加できるお見合いパーティー

意気込まなくても良い
インターネットのサイトで募集がかけられ、お見合いパーティー当日必要な参加費用を持って行けばこうした高収入なキャリアと知り合うことができるのです。 しかしこうした高収入、高学歴、医師や弁護士との出会いの場合は、女性も参加費用が高額になるケースが多いのです。
男性の参加は3000円の費用であるのに対し、平均では一万円以上の費用がかかることもあるのです。
しかし自分の年収よりもはるかに高いリッチなイケメンと出会うにはこれぐらいの費用は必要経費であると言えるでしょう。 もし仮にここで医師や弁護士と知り合い、お付き合いに発展し、結婚にまで至ることができるのなら、一生安泰で優雅に暮らせるのであれば働く必要もなくなるのです。 子供の保育所や生活費なども心配せずに何人でも産み育てることができるのです。 それを考えれば一万円以上の参加費用は割安だと言えるのです。 しかしこうした高収入、高学歴、名誉職に就く男性は、このように非常にプライドが高く、それに比例して自信に満ち溢れている人が多いのも事実です。 このため女性に対する理想や希望も当然ながら高いものになるのです。 当然のことながら学歴は四年生大学以上の最終学歴を持ち、なおかつ親の職業にも拘り、容姿端麗であり、その上性格の良さまで求められたりするのです。 実際こうしたお見合いパーティーに参加している典型なパターンは社長令嬢や医師の令嬢で容姿端麗なタイプが多いのです。 こうしたチャンスに参加するには、仲間同士の競争も非常に激しいので、自分を内面、外見とも磨き上げ準備を万全にして楽しめる参加したいものです。

コンパよりもお見合いパーティーは確率が高い

独身者しか基本的には来ません
昔はお見合いパーティーでなくてもこういった行為をして結婚する人がとても多かったですが、最近ではあまり少なくなってきています。
そのためか、可能性や成功率自体も低下しており、おおよそ10%程度です。
しかし、それは出会い方やシチュエーションにもよるのです。 まず、交際にまでこぎつけるまでがとても大変です。 男性も女性も、結婚相手になる可能性があるだけに、理想の条件ばかりを言ってしまう傾向があるためです。 年齢は若い方がいいと心から望む会社員はとても多いですし、送られてきた釣書の写真を見ただけで、断ってしまう人もいます。 また、女性も同じように釣書の写真で判断したり、どのような職業なのか、家族構成などを聞いて、結局はすることも拒否する場合が少なくありません。 しかし、これでは自分から出会いのチャンスを失っているようなものです。 ここだけは譲れないというポイントは1つ程度に絞り、お見合いパーティー後は会ってみるだけ会ってみようという前向きな姿勢でのぞむことがとても大切です。

条件を持ってお見合いパーティーに行く

運命のタイミングがあるかもしれません
これだけは譲れないというポイントを知るためには、まず、自分が相手に求める条件をお見合いパーティーに3つ考えてみます。 そして、その後、その3つの条件をすべて満たした人が2人現れた場合、どちらを選ぶかで付け加えるもう1つの条件を考えます。
その最後に考えた条件が、絶対に譲れないポイントなのです。
しかし、自分が会いたいと思っても、相手から断られる事もあります。 そのような事を避けるためには、写真がとても重要になってきます。 女性の場合、着物姿でのものが多いですが、意外と男性にはアピールできません。 男性は、自然なスナップ写真で、笑顔のかわいい人を好む傾向があります。 そのため、出来ることなら、自分が一番似合うという服を着て、外で笑顔の写真を誰かに撮ってもらうようにしましょう。 自然の光の下で撮影するということが大切です。 肌が1番きれいに見えるためです。 春先など、光が柔らかい時期がとても良いですし、背景に花や緑があれば、尚の事良いです。 お見合いパーティーの際は化粧はナチュラルメイクを心がけましょう。

自分の現状をお見合いパーティーで把握する

どう見られているかもわかる
また、写真を撮る前に鏡を見て笑顔の練習もしておくことも、とても大切です。 では、お見合いパーティーまでこぎつけたとします。
成功率をあげるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。
二人きりで会う場合でも、両親や仲人と一緒に会う場合でも、結局は最後に二人きりで時間を過ごすことになります。 その時間をどのように過ごすかによって、成功率は上がりもしますし、下がりもするのです。 まず、あまり自分を偽らないようにしましょう。 例えば、無口な人が無理に喋ってばかりいると、どうしても無理が出てきてしまいます。 気まずくなってしまう事もあるでしょう。 基本の最終目的が結婚である以上、自然なままの自分を出すようにしましょう。 笑顔で話すようにすることが、とても大切です。 つまらなそうな顔をしたり、無愛想な顔になったりしないよう、気をつけましょう。 また、話す内容にも気をつける必要があります。 愚痴や人の悪口、噂話は言わないようにしましょう。 また、相手には全くわからない知り合いの話なども、やめた方が良いです。 その他、相手からお見合いパーティーの話をもちかけられた時、上手く続けるようにしましょう。

失敗する可能性もお見合いパーティーではある

見つからない事も良くある
例えば、この映画見たことがある?と聞かれた場合、ありませんとそっけなく答えるのではなく、見たことないけれど、どんな映画?と話を仕向けるようにすることがお見合いパーティーでは大切です。 常に、好奇心があるということを示すと、前向きな人だなと思ってもらうことが出来るためです。
また、マナーにも気をつけるようにしましょう。
いろいろな場面で自分がしてきた行動が現れますし、それを相手はしっかりと見ています。 とくにはっきりと出るのは、食事のマナーです。 箸の持ち方は当然のことながら、食事の前に頂きますと言って、終わったらごちそうさまと言うことなど、こういった部分をよく見ています。 また、犬食いをしたり、箸で食べものを突き刺したり、口に食べ物をいっぱい入れたまま喋ったり笑ったりするのは、やめるようにしましょう。 食事のマナーが悪い女性は、基本的には好かれません。 男性があまり上手でない食べ方をしていても、クセに対しては非難をするものであり、綺麗な食事マナーを求めてきます。 気をつけるようにしましょう。 また、街を一緒に歩いている時も、注意が必要です。 例えば、ドアを開けてくれた時など、お礼を言うように気をつけましょう。 何もお礼を言わず、当然のように通り過ぎると、思いやりのない人だなと思われてしまいます。 また、男性でも女性でも、店員さんなどサービスをしてくれる人に対して、ため口で話したり、偉そうに話したりするのもやめましょう。 そのような場面でも、お見合いパーティーではしっかりと見られているのです。

人生を変えるお見合いパーティーになることも

バツイチでも参加できます
その他、お見合いパーティーから結婚へと直結してくることであるため、子ども関係にも注意が必要です。 子どもを望んでいる男性も女性も多いです。
そのため、自分が子どもが嫌いだからと言って、それをはっきりと初対面で口にだすのはあまり良くありません。
子ども自体は嫌いであっても、自分の子どもは好きになることはとても多いのです。 子どもなど嫌いと言っていた男性が、周囲が呆れるほどの子煩悩になるという事はよくある話です。 そのため、街を一緒に歩いている時、子どもに対して邪険にしたり、子どもが嫌いと断言したりするのはやめるようにしましょう。 人の気持ちは変わっていく可能性もあるのです。 しかし、これらの会話、一般的なマナーなどを頑張っても、成功率が急激にあがるという訳ではありません。 大切なのは会うことでなく、二人が会い続けることなのです。 そのためには、相談する人がとても必要となってきますので、相談をすることで悩んだり、喧嘩したりした時など、うまく対応することが出来ます。 結婚相談所からの紹介などでこういった行為をしている場合は、結婚相談所のスタッフなどが相談にのってくれることでしょう。 しっかりと利用をして、こまめに相談をするようにすることが大切です。 結婚相談所以外の場合は、恋愛相談などを利用したり、仲の良い友人などに相談してみることも良いです。 とくに既婚の友人の場合は自分の体験をもとに、色々とアドバイスをしてくれます。 このように、多少なりとも成功率を上げる方法は、お見合いパーティーでは色々とあります。